入居される高齢者も色々なんです。 | 看護師の日常日記


入居される高齢者も色々なんです。

私も長い間施設という場所で勤めていますと、入居理由も様々であることから、いろんなタイプの高齢者の方と接することが出来ます。

そんな中、最近思うのが、毎週のように親族が施設に会いに来る方もいれば、親族が何年も会いに来られない方もいらっしゃいます。実はこのような家庭環境の差が、施設での軋轢を生む大きな原因となることがあるのです。

例えば、高齢者が食堂にたくさん集まっているときに、多くの親族が訪ねてくることがあります。ある高齢者においては他の高齢者の親族はいつも会いに来るのに、自分のところには全く来ないという理由で妬みを抱いてしまったり、食事を食べないまま部屋にこもったりしてしまうなど、子供のような事例が多くあります。

中には孫のように若い介護スタッフに注意されたことで、へそを曲げる高齢者もいらっしゃいます。これにより、着替えをしなかったり、入浴もしなかったりと衛生上問題を来しかねないことに発展する場合もあります。

この場合は施設長などを通してご家族に連絡を取ってもらい、ご家族と対応を検討してもらうことになります。高齢者がお風呂に入らないということは、施設では非常に意味が大きく、それが元で細菌やウイルスが施設全体に蔓延してしまう恐れがあることを意味するのです。

色んな性格を持った高齢者がいらっしゃいますが、各々良い性格や悪い性格を持ち合わせていますので、それを上手に把握して、看護師、介護士共々大問題に発展しないように努めているのです。

看護師のお仕事
線
サイドメニュー
線
看護師のやりがいと学び