今日、仲の良かった同僚が退職しました。 | 看護師の日常日記


今日、仲の良かった同僚が退職しました。

今日はちょっと残念なことがありました。同僚の看護師の1人が退職することになったのです。彼女も1人の子持ちで、私と同じように家庭を両立させて一生懸命頑張っていました。

ところが、今回お母様が病気になったことで、ご実家でできるだけ介護をすることになってしまったのです。ご主人は自分が一生懸命働くからと言ってくれて、一日の日中の時間の大部分をご実家で介護のために過ごすことになったのです。

そして、子供さんが学校から帰ってくる夕方までに介護を終えて自宅に戻ってくるというパターンにするそうです。また、お母様の年金額がそれほど多くなく、施設に入居することが、比較的困難だという状況も理由としてあるようです。

以前からお母様の体は強くないと言っていたので、心配はしていたのですが、こんなことになるとは思ってもみませんでした。もっと、力になれることがあったのではないかと心残りなところもあります。私の場合はまだ母が健在なもので、状況は良い方なのですが、いつか来るべき時が来ることも考えなければなりません。

このように、一般の高齢者のケアをしながら、自宅でも親族のケアが発生するという状況は非常に切実な問題だと言えます。また、仕事で行うケアとプライベートでのケアは、心理状態も全く違ってきます。

結果的に家庭の事情で今の仕事を辞めざるを得なかった彼女に対して、今後もできることがあれば協力したいですし、今は彼女の幸せを祈るばかりなのです。

看護師のお仕事
線
サイドメニュー
線
看護師のやりがいと学び