最近、看護師として力不足を感じます。 | 看護師の日常日記


最近、看護師として力不足を感じます。

最近、入居者が多くなってきました。すべての部屋が埋まってはいないものの、一時金なしに入居できる料金設定もあって、入居待ちの特別養護老人ホームよりも、負担の少ないサービス付有料老人ホームへのニーズが高まってきたからだと思います。

入居者が急激に増えたことで、看護プランを作成していくのがかなり負担になってきました。専門の介護士の方も介護計画の作成に四苦八苦していることから、介護士の資格を持っている私にも助け舟を出すように依頼が来るようになったのです。

普段、看護をメインにしている私にとって、介護プランの作成はあまり慣れないことでもありました。しかし、うちの施設では介護のプランが上がってこないことには、看護の計画も立てられないことから、看護師として非常に苦境に立たされるようになりました。

さすがに、施設長に介護士か看護師の増員をお願いしましたが、もう少し頑張ってくれと逆にお願いされてしまい、なんとか頑張って同僚の看護師とも協力して乗り切ることにしました。

今思えば、普段からもう少し介護士やケアマネージャーとのコミュニケーションを密に取っておけば、計画の作成の手伝いで苦労することはなかったでしょうし、看護の計画もきっと早く作ることが出来ていたはずです。

職場によって看護師のあり方が、全く違うということも今回理解しましたし、奇しくも連携がうまく行かなかったために、結果的に看護プランの作成も遅れがちになり、看護師としてのパワー不足を露呈させることになってしまいました。

看護師のお仕事
線
サイドメニュー
線
看護師のやりがいと学び