長期入院の子供が今日退院しました。 | 看護師の日常日記


長期入院の子供が今日退院しました。

今日はとっても嬉しいことがありました!私が1年目の時から入院している小学生の男の子が、退院していきました。慢性腎炎を患っていたこの子は、ついにこの日を迎えたのです。慢性腎炎で4,5年も入院をしている子供たちも少なくない中では非常に速いケースなのです。

実はこれからが本当の闘いなのです。腎炎を長期的に克服していくために、お母さんの協力で食事を制限して成長して行かねばなりません。現在は良くても、もう少し成長して油断していると、また腎機能が著しく低下したりもします。完治するまではかなり時間がかかります。学校のクラブなどのスポーツなどの激しいものはできませんが、ウォーキングなどマイペースであれば、長時間でない限りできるのです。

しかし、慢性腎炎は外見的に健康そうに見えることもあるために、学校や職場で誤解されることもあるので、その点が非常に心配になる部分です。また女の子の場合は、将来妊娠できないこともあるなど、難しい点もあります。

これからは、お母さんとの絆がさらに深まっていくと思います。幼いころに入院していた子供は、親のありがたさや健康の尊さについて身を持って感じるので、その後の人生で両親を大切にする傾向も強くなるそうです。

今の彼の顔を見ていると、自宅に戻れる喜びが非常に大きいようです。もう、二度と病院で会うことがないように、心から願うだけです。好きなものも食べられなかったりするかもしれませんが、上手に付き合って今後の人生を送って欲しいと思います。

看護師のお仕事
線
サイドメニュー
線
看護師のやりがいと学び