家庭の事情で鬱になってしまいました。 | 看護師の日常日記


家庭の事情で鬱になってしまいました。

私の家庭は夫と子供の3人なんですが、実は私の夫は看護師という仕事に意外と理解を示してくれていません。また、彼の仕事もシステムエンジニアという大変忙しく、残業の多い職業ということもあるのですが、私が家にいる時間とはすれ違いが多く、実をいうとそれが悩みの種になっていました。夫はむしろ、女性は家庭を守って欲しいという希望があるので、仕事を続ける私にはあまり良い気がしていないのです。

夫は私と子供が寝ているときに、残業を終えて帰ってくることが多いものですから、朝の忙しい時間帯にしか会話をしないこともあります。その会話も夫から仕事はやめたほうが良いとか子供のことを考えろなどと言われてしまう内容も多く、食事中の子供にはあまり聞かせたくないものが多かったのです。

そのような経緯もあって、ストレスを多く感じるようになり、時間を見て医者に診てもらったところ、軽いうつ状態にあると診断されました。精神安定剤を何錠かもらって服用してみましたが、その時は良いものの、また再発するような感じになります。精神安定剤は飲み過ぎると仕事に影響しますので、今は使っておりません。

結局、仕事で爆発しないように、ビタミン剤を多くとることで様子を見ることにしました。職場のスタッフには、鬱になったとはまだ言うことができず、今でも黙っています。ただし、鬱だって考えるよりも、自分が仕事をできるという環境があるということに感謝することで、若干苦痛が和らいで行くような気持になるのです。

看護師のお仕事
線
サイドメニュー
線
看護師のやりがいと学び